男性・女性で比べるとクラミジアに感染が多いのは女性のようです。女性の場合だと症状に気づかなく他の人にうつしてしまうこともあります。近年では高校生の感染も多いので、個人でクラミジア検査を行うことをお勧めします。

顕微鏡とクラミジア検査ができる病院

クラミジア検査と遠赤外線治療と乳房の赤い斑点

乳房に赤い斑点ができたら、クラミジア検査を受けると、細菌性の性感染症を早期に発見することができます。クラミジアは潜伏期間が終わると、感染が進行し始めるので、顔の中央部や乳房周辺に赤い斑点ができはじめたり、微熱や関節痛などの症状も出てきます。特徴的なのはクラミジア性咽頭炎で、喉の痛みが気になって内科などを受診して、検査を行うとクラミジアによる感染が判明することも多くあります。遠赤外線は体の奥の部分を暖めるので、免疫力を高めるのに役に立ちますが、クラミジアや梅毒は、効果的な抗生剤があるので、これらの薬を服用するだけで1週間から2週間程度で完治することができます。遠赤外線は冷え性などで子宮の血流が悪い場合に効果を発揮して、妊娠しやすい体質にすることができます。しかし一時的に体を温めたとしてもあまり意味がないので、筋肉を増やして体の代謝を良くしたり、体温を高めに保つ努力をしなければ女性に多いとされる冷え性などを改善することはできません。クラミジア検査は定期的に行うことで感染者を減らすことができるのですが、症状が軽いために、症状が出るまで放置しておくのが一般的になっています。しかし今後は耐性菌が増えることが予想されているので、安易な性行為によって性病に感染することが命取りになる可能性もあるので、早期発見のために定期的な検診を受けなければなりません。実際に梅毒の場合は、耐性菌が増えたことで、患者数も爆発的に増加していて、世界的にも問題になっています。また現代の日本では非常に少なくなった結核ですが、耐性菌によって、世界中で患者数を増やしています。対策としては抗生剤の投与を控えることと、免疫力を高めることしかありません。